スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

今日のランチ



横田基地にあるチリズというレストランで
ランチをいただきました。
チリズはメキシコとアメリカ南部が融合したような
料理が出ているらしい、アメリカのチェーン店。
でもなんか見たことも食べたこともない種類の料理で
ひたすらものめずらしい私。

ボリュームがすごい..!
晩ご飯はもう食べられません。
しかし、
鶏肉だけでもいろんな料理の仕方があるんだな〜。

トークライブ



夕べ『阿佐ヶ谷ロフトA」でトークライブというのに
行って来ました。

TBSで深夜20年続いていたCBSドキュメントという番組が
突然打ち切りになり、その存続を願う人々による
we love CBSというテーマで
番組に20年間この番組の司会をしていた
ピーターバラカンさん(音楽評論家・ラジオDJ)
と番組プロドューサーほか。
(絵はぜんぜん似てません.。すみません)

CBSドキュメントは世界の色々な問題や
出来事をかなり深く突っ込んで調べて
取材をしたものが
とてもわかりやすく
しかも10分くらいに短くまとまっています。
私はたくさん見た訳じゃないけど
見たものはどれも興味深く、考えさせられるものばかり
TBSの良心とも言われていたそうなんです。

取材する記者が
単刀直入な質問を投げかけても
人々は自分の問題や気持ちを
モザイクも音声変更もなしで喋る。
顔の表情もはっきりと見えるので
伝わってくるものも多い。
こういう番組って
日本ではなかなか造れないらしい。

「みんなと同じ」でいることが大事だったりして
「自分の気持ちをきちんと言葉で表現する」
ということに慣れてもいないし
そもそも「自分がどう思っているのか」を
考えることすらなく 
日常は過ぎて行くからね.

トークライブは
バラカンさんのお話がもっと聞けるかと思っていたので
ちょっと残念でしたが。

CBSドキュメントの番組打ち切りが決まったあとに
抗議や懇願の電話やメールが多数TBSに寄せられたため
『CBS 60ミニッツ』として
スカパーのニュース専門チャンネル「TBSニュースバード」で
復活することが決まりました。


みんなが見るのはもう
地上波のTVだけ
じゃないということですが
地上波での復活目指して
署名運動なども続いています。


大好きなこと


去年のはじめ、拙著「クラスメイトは外国人」(明石書店刊)で
作画協力してくれた(当時は小学生だった)Mちゃんに先日会った。
ずーっと 絵を描いていた。テレビも見ないで
毎日いっぱい描いていると・・彼女の母が言っていた。

描くのが大好きで描いていれば幸せだったという気持ちが..
自分にも昔あったよーなーー..それはどこに
行ってしまったんだべ?

今は仕事の絵を描くだけで 他の絵描く余力なしとか
家事や雑事のせいで描くひまないとか
なんか色々結局言い訳ばっかりであった

とにかく描く ということの為だけに
描き続けている Mちゃん見てて なんだかとても
うらやましく..そして それこそが
創作の姿勢だろうよ...と
教えられたのでした。

すげーよMちゃん..

青梅マラソン

 2月21日晴れ。青梅マラソン大会に出場しました。
去年は10キロ完走したので、今年は無謀にも
30キロにエントリー。
その1日の日記です。

二万人が青梅線河辺駅に来るので駅からぞろぞろ長蛇の列で
河辺小学校で受付をすませ、スタート時間まで歩き回ってウォーミングアップ。
同じように歩くクマ発見。楽しい。


15000人がタイムの早い順番で奥多摩街道に並びます。
私は遅いので一番後ろの方に。

11時50分、スタートの銃声が....
まったく聞こえない。スタート地点まで、遠過ぎて。
「無事に予定通り11時50分杉山愛さんの銃声で
スタートしました」のアナウンス。笑いが起こり
そろそろと歩き出す後方ランナーたち
スターターの杉山愛ちゃんをみるための
杉山渋滞を過ぎてしばらくしてから
走り出すランナーたち。

遅いタイムの人に囲まれているはずなのだが
周りはみんな私のペースよりもぜんぜん速い〜。
(あ、イラストが誤字)でも自分のペースで走るしかない。

走っている途中で、実家の近所に住んでいた知人と
二十年ぶりの再開。

懐かしいが、会話する余分なエネルギーは
ない...彼はずんずん先に走って見えなくなった。


途中で色々なランナーを見かける。
年配のランナーも結構いるけど
だいたいこの人たちは
良いペースで走って完走するのだった。すごい。


こんな人たちも見かけた。
バレリーナは速かった。私が往路の時に向こう側から復路で
やってくるのを見かけた。
あと、デビルマンとかサルとかカエルとかのかぶりもので
走っている人もいた。「サルーがんばれー」とか
沿道の応援も盛り上がる。(しかしTバックは..どうなんだ..犯罪じゃないのか)
私も30キロを軽く走れるようになったら
ぜひかぶり物で走りたい。けどそんな余裕は今はゼロ。
ゼッケンに「日の丸君が代強制反対」と書いて走ってる人もいた。


えいえっち氏が応援に来て写真を撮ってくれました。
上がピンクで下が黒でこっちに向かって来るのが私です。


やっと折り返し地点です。現在時刻13時46分33秒と
えいえっち氏が写真に入れてくれました。
後ろの15633はスタートしてから1時間56分33秒ということで
制限時間3時間半で30キロ走らないと完走できないのに
折り返し地点でもう2時間..つーことは
どう考えても、完走できませんね。
でも走ります。


15キロの関門(13時55分)はなんとか突破した。
これが第一目標だったので...良かったです。

しかしそこを過ぎたあたりから とたんに
歩いている人が増える..というか
走っている人はみんなとっくに先に行ってしまったんだ。
私は歩くようなペースだがずっと走っているのだけど
周り中みんな歩いているのでグダグダ感が...
歩いているのは
前半飛ばして力つきが若者が多かった感じ。
そして


20キロの関門の前で係の人が
「もう関門閉じたから」と計測リグを回収にくる。
ここでリタイア。迎えのバスを待つより電車のほうが
早い、ということなので沢井の駅へ歩く。
同じ様にリタイアした人々が足取り重く沢井駅に向かう。

青梅マラソンリタイア組のために
この時間、臨時電車が増発。ゼッケンを見せると
受付した河辺駅までただで乗れる。
電車は満員である。女子高生のコスプレランナーも
電車に乗っている。

去年10キロ完走した時は
ゴールのあと、おにぎり、完走記念のストラップを
もらい、もらったドリンクをゴクゴク飲んで「やった〜」感あふれたのだが
今回は電車の中で汗もひいてすっかり冷えて
ドリンクも飲みたくないし(もらってないけど)
寒い..豚汁飲みたい...来年はもっと練習しよう...などと
地味に考えて青梅マラソンの1日は終わった。

でも自分なりには最後までマイペースで走れたし、
15キロの関門突破するという
第一目標はクリアしたし
思い起こせば3年前、「青梅マラソンに出よう!」と
思い立った時は200メートル走っただけで息切れして
もうだめだ〜と、止まっていたのだから..
15キロはずいぶんな進歩じゃん!ということで
よしとしました。

来年は30キロ完走できるといいな..
それには、もっと練習しないとね〜〜。

応援してくださったみなさん
どうもありがとうございました。

エコなスタイル?


お出かけにも買い物にもウォーキングにも便利な
リュックを入手。
八百屋に行ってネギ買って「袋要りません、これにいれますから」といったら
八百屋のおばさんが「ネギ半分にきりましょうか?」と
気を利かせてくれた...そんなサービスがあるのか。。。
「いえ、そのままで」とネギ背負って歩いて帰りました。
それもかっこいいかな..とか..

それからもう明日になりました。29日の木曜日
船橋バプテスト教会でのアートアンドトークショー。
森下先生(三浦綾子記念文学館特別研究員)のお話は
かなり面白いらしいです。
お近くにお住まいの方、
船橋でお会いできたら嬉しいです。ではでは