スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「ヒロシマの少年 じろうちゃん」の色校正

3月に広島に行ってからコツコツから描いていた

絵本「ヒロシマの少年 じろうちゃん」が無事印刷所に入り

今日、色校正でました。

この数ヶ月、図書館で何冊かヒロシマについて調べ

「はだしのゲン」を読み直し (改めてすごい本だ)

頭の中にいつも1945年の情景がありました・・・。

図らずも

その間に見た映画が「サウルの息子」「ロイヤルナイト」

テレビの朝ドラ「トトねえちゃん」も最近まで、

全部1945年。なんて大変な時代だったことか・・・

 

原作は広島出身、被爆二世のやまだみどりさん。

みどりさんは「憲法9条を守り孫たちに平和をの残したいジジババの会(略称:孫9条の会)」

も主催しておられ

第2回「『孫たちのために平和を』コンサート」(2016年8月1日開催予定)に

間に合うように、と この絵本を企画されたそうです。

コンサートでは絵本の売り子をしてきます。

 

私は広島が少しだけ前より身近になりました。

貴重なお仕事の機会を与えられたことを

心から感謝しています。

 

 

 

銃口展

image1.PNG
青山学院で開催中の三浦綾子「銃口展」。明日25日で最終日。
私は本日、受付当番です。

散歩



漫画みたいに転んだので漫画にしてみました。
連載漫画のネタが思いつかず、
締め切りにいつも間に合わなそうで・・・
どうしたものかと思いあぐねるばかりの日々です。
しかし犬の散歩は行きます・・

九州で大変な思いをされている方々のために、
心よりお祈り申し上げます。
 

広島

image1.JPG
初めて広島に来ました。
平和記念資料館などを見学。
知らなかったこともたくさんありました。
資料館で300円で借りたオーディオガイド。
吉永小百合さんのナレーションが心にしみ、
遺品の持ち主や家族の息吹や悲しみも伝わって来ました。
広島は今日も快晴です。

絵本「ぼくのみたもの 第五福竜丸のおはなし」ができるまで




絵本.「ぼくのみたもの」..を書こうと思ったの経緯について、
昨年まとめたものですが、
第五福竜丸が水爆実験に遭遇した3月1日まであと少しなので
載せてみました。