スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

少年H見ました。

バイトが終わった日に映画「少年H」を見に行きました。
昔本で読んだんだけど、映像でみると戦争の悲惨さがリアルで
怖かったです。あんな時代の中でも水谷豊演じるお父さんは
世の中に流されず、価値観がぶれずにいたことがすごいな、と。
そして伊藤蘭演じるお母さんが、熱心なキリスト教徒なのだけど
あの時代のクリスチャンって、大変だったんだなーー,,。
私はクリスチャンだからって石投げられたことも
馬鹿にされたこともないけど。
『タイムっち」に戦時中の「須磨教会」のことちらっと描きましたが、
その須磨教会の看板がちらっと出てきてて、一人でおお〜っと思った。

昔、原作を読んだのは20年くらい前かな...
その時は「戦時中って大変だったんだな」で終わっていたけれど
「新聞に本当のことがかいてあるとはかぎらない」
「国が発表することがすべてとは限らない」 みたいなくだりは..
現在はとてもリアルで。
福島原発の汚染水300トンの話を
選挙の翌日まで発表しなかったことだとか
原発にまつわる都合の悪い発表は「パニックをふせぐため」という大義名分のもと
隠蔽されていたこととか
「国が一丸となって同じ考えを持たないと罰せられる」というくだりは
日の丸君が代で起立して斉唱しなかった先生が処罰を受けている現実や
はだしのゲンを読ませないようにする圧力や
もうなんだか
すごく今とにてるじゃーーーーん!と思って
すごく怖くなりました。




ところで
引っ越して二ヶ月。なんとか生活は出来るようにまでは
片付いたところですべてを放置し
バイトに明け暮れていたため未だに段ボールが十数個と
モノの配置がおかしいです。

ビーグル犬のジョイがいた時は飲み込むと危険なので
全てのものはきちんと仕舞われていたのですが
今やどこに何を仕舞うかすら決められていない状態で
なんとかしなくちゃ==と思いつつも仕事優先でほったらかし。
..という日々に突然片付けを余儀なくされる事態が!
それは・・(つづく)




スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL